JOC、全柔連の組織改革を評価 「引き続

日本オリンピック委員会(JOC)は12日、東京都内で加盟団体審査委員会を開き、暴力問題などを受けて組織改革を進める全日本柔道連盟について、佐藤征夫委員長は「非常に良く対応されている. 引き続き見守っていく」と語り、宗岡正二会長就任後の新体制の取り組みを評価した. JOCは3月に出した改善勧告に基づき、全柔連に3カ月ごとの状況報告を求めており、この日は9月末に提出された報告書を確認した. ハディ副大統領の当選確実 イエメン暫定大 ティンバーランド 靴 また、役員改選をめぐって混乱する日本アイスホッケー連盟については、内閣府の公益認定等委員会に対する報告を待って、JOCの対応を決める.