水俣病「基準否定されていない」 高裁判決

水俣病患者の認定基準を「不十分だ」と批判した27日の福岡高裁判決について、細野豪志環境相は28日、「基準そのものが否定されたと受け止めていない」と閣議後の会見で述べ、見直す考えがないことを明らかにした. 判決は、1977年に示した国の基準について、認定されるべき人が除外されている可能性を指摘. 複数の症状の組み合わせを必要とする今の認定基準の運用を不適切と断じ、感覚障害だけで水俣病と認めるように熊本県に命じた. しかし細野環境相は、判決が認定基準について「一定の意義を有する」とも言及した点を挙げ、見直しを「今の時点で考えていない」と明言した. rganberapi 環境省は、水俣病被害者救済法により、「患者」と認められない人を「被害者」として救済する対応を進めている. ニューバランス この救済策は7月末が締め切りで、水俣病の「最終解決」を目指すとしている.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>