折れたバットがスタンドに 顔を負傷の女性

阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)でプロ野球を観戦中、折れて観客席に飛んできたバットが顔に当たってけがをしたのは、安全設備が不十分だったためだとして、兵庫県内の30代女性が、主催者の阪神タイガースに約1300万円の損害賠償を求める訴えを神戸地裁尼崎支部に起こした. 女性の代理人弁護士によると、女性は昨年10月19日、ベンチ近くの三塁側観客席で阪神―横浜戦を観戦. 4回裏に阪神の選手の打球が二ゴロとなった際に、折れたバットの一部が観客席に飛び込み、女性の右ほおに当たって裂傷を負い、傷痕が残ったという. 代理人弁護士は「フェンスなど安全設備の不備があり、笛を吹くなど観客への配慮が不十分だった. シアトリズム ファイナルファンタジー カ ディスガイア4』汎用キャラのランダムネー 観客の安全を考えてもらうきっかけになってほしい」と主張している. ナイキ Air Max 阪神タイガース広報部は朝日新聞の取材に「現時点で訴状の内容を確認できていないのでコメントできない」と話している.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>