弾薬譲渡、日韓説明食い違い 南スーダンP

ソウル=中野晃】安倍内閣が南スーダンの国連平和維持活動(PKO)で弾薬1万発を韓国軍に無償譲渡したことをめぐり、日韓双方の言い分が微妙に食い違いを見せている. 「緊急事態」を強調して初の弾薬供与に踏み切った日本政府に対し、韓国側は「予備のため」との見解だ. 「万が一の事態を憂慮した予備分だ」. 国連南スーダン派遣団(UNMISS)で活動する韓国軍が日本の自衛隊から譲渡を受けた弾薬の用途について、韓国政府は24日、こう説明した. さらに、「国連の派遣団を通じた支援だ」と強調する背景には、韓国世論への配慮もありそうだ. パワプロ2012』をNike Air Jordan 人気深く楽しめる攻略本が 韓国国防省の報道官はこの日の会見で「我々も部隊の防護、基本的な任務遂行に必要な弾薬は持っていたが、(緊急の)事態が長期間続く可能性にも備えて、予備分を確保するために臨時に借りた」と説明. パワプロ2012』をNike ティンバーランドAir Jordan 人気深く楽しめる攻略本が 切迫した状況ではなく、韓国から補充分が届けば、日本側に返還する考えも示した.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>