夏休み聴取「つらい思いサッカーグッズさせた」 始業式で

近畿の多くの小中学校で3日、2学期の始業式があった. 昨年10月に自殺した男子生徒が通っていた大津市の中学校では、夏休み中に滋賀県警から事情聴取を受けた生徒らが登校. 3年の男子生徒(14)は聴取について「最初は嫌な感じがしたが、学校や先生は本当のことを言ってほしいと、警察の人に言うことができたのはよかった」. 始業式では、校長が「夏休みには、大変つらい思いをさせた. 教職員がどうすべきだったのかをしっかり反省することから始め、このようなことが2度起きないようにしていく」と謝罪した. 昨年9月の台風12号による豪雨で被災した奈良県十津川村の村立平谷小学校では、始業式で全校児童42人が犠牲者や行方不明者へ黙祷(もくとう)を捧げた. 亀田清司校長は「自然と向き合いつつ、自分の命は自分で守る」とあいさつした. 大阪府では3日、公立の小学校1014校中760校、中学校463校中315校で始業式が行われた. 京都府は56小学校と21中学校、滋賀県では128小学校、45中学校、和歌山県では166小学校と71中学校で始業式があった.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>