ノバルティス、社員関与認めサッカーグッズ謝罪 第三者委

製薬大手ノバルティスファーマの社員が自社の白血病治療薬を使った臨床研究に関与していた問題で、同社は23日、記者会見を開き、二之宮義泰社長が記者会見で「非常に重く受け止め、おわびする」と謝罪した. 社員8人がデータの回収作業をしていたことを認め、コーヒーチケットを賞品に社員を競わせたり、研究者に自社の会議室を貸したりしていたという. 同社は第三者調査委員会を設置して調査する. 同社によると、研究に参加した医療施設の営業担当社員18人のうち、8人が医師からデータを預かり、研究チームの事務局に届けていたという. 研究計画では、データは医療機関がファクスで直接送付すると決めていた. さらに、2013年2月~6月、コーヒーチェーン店のチケット(9千円分)や会食代(計2万5千円)を賞品として、研究への協力を社員に競わせるプログラムを実施したという. 舞台”戦国BASARA3 宴”の5月14 エアジョーダン 同社は「不適切な行動で、患者の命に関わる医薬品を開発・提供する会社としてあるまじき行為」とした.

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>