アーティストまとめたい」 ミラン新監督の

サッカー元オランダ代表のMFクラレンス・セードルフ(37)が現役を引退し、日本代表MF本田が所属するイタリア1部リーグのACミランの監督に就任することが決まった. 14日にブラジルのリオデジャネイロで記者会見したセードルフは、「将来、監督になる気持ちはあった. 今後はフィールドのアーティストではなくなるが、アーティストたちをまとめて指導していく」と抱負を語った. 早ければ19日の本拠ベローナ戦から指揮を執る. 中盤の万能選手として活躍し、アヤックス(オランダ)、レアル・マドリード(スペイン)、ミランの3クラブで欧州チャンピオンズリーグ制覇に貢献した. 2002年に加入したミランでは10年にわたってプレーし、現在本田がつけている背番号10も背負った. その後、ブラジルのボタフォゴに移籍. 現役生活を振り返り、「私は満足している. 何も後悔はしていない」と語った. ミランは前半戦を終わって、5勝7敗7分けで11位と低迷. 13日にアレグリ監督を解任した. セードルフは指導者の経験なしに名門の立て直しに向かう. 暫定的に指揮を執るタソッティ監督代行は「このクラブで長い経験を持つ. 選手としては個性もあるし、勝負強かった. その点では指導者として向いている」と語った. (リオデジャネイロ=柴田真宏、ミラノ=吉田純哉).

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注

您可以使用这些HTML标签和属性: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>